検索

アマデウス「紅莉栖」会話実験に当社ソリューションV-Star採用。TGSで展示公開

最終更新: 2018年9月14日

当社ソリューション「アマデウス紅栗栖・会話実験」で採用

バーチャルキャラクターと対話できる

次世代型デジタルサイネージソリューション「V-Star」

TGS2018で展示公開


 バーチャルユーチューバー(V-Tuber)プロダクションのBuzzooka株式会社(東京都新宿区 代表:渡邉幹雄)のXRソリューション事業部は、様々な環境、目的に利用できる、多目的型デジタルサイネージシステム「V-Star」を9月20日より東京幕張で開催される「東京ゲームショウ2018」において、株式会社MAGES.(東京都港区 代表:太田 豊紀)から発売される“シュタインズ・ゲート・エリート”展示エリアにて採用されましたことをお知らせいたします。




「アマデウス”紅莉栖”・会話実験」展示エリアで設置!


V-Starで実現される対話型デジタルサイネージでは、原作内で登場した対話型AI「アマデウス」を再現。3Dキャラクターで実現しております。実際にどのような”実験“ができるのかは、ぜひ会場まで足をお運びいただいてご確認下さい。

 また本システムについて詳しいご説明をご希望の方は、当日展示場所までいらっしゃるか、以下のメールにてお問い合わせください。


Buzzooka社WEBサイト https://buzzooka.jp

V-Star お問い合わせ窓口 sales@buzzooka.jp


*今回の展示では"AIContainer powered by Honeycomb Lab. Inc."の音声認識AIおよび応答機能、キャラクター表示機能を使用しております。